デザイナー「Manaty」のご紹介はこちら〜!

【仕事やめたい】一人で悩むより、上司に「辞めたい!」と早めに伝えて良かった〜!

会社を辞めたくなってしまったのです。

就職活動もまだしていなかったけど、モヤモヤしながら停滞している環境を変えたくて、計画なしで上司に伝えてしまった!けど、それによって動き出した。

会社を辞める迷いもあったのですが、お仕事をしていても気分がのらない時期が続いたので上司を突然会議室に呼び相談に乗ってもらったら、サクサク話が進んで退社が決まりました!

もう、誰かに聞いてもらわないと苦しくなってしまい、本当に突然でした。実は就職活動もしていませんでした。

上司は私の話を聞き「突然でびっくりしたし残念だけど、ひとりの人間として、もっと成長できる環境に送り出したい」と言ってくれました。

私自身ももっと泣いたりわめいたりするだろうな…と構えていたのですがあまりにもあっけなくてぽかんとしたくらいです。

実現したいことは人に言うと叶う。というのは辞める時もその通りだった。

自分だけで片付かないことにぐるぐる悩んで過ごすより、ぱっと相談してぱっと決めたらいいね!

夢を叶えたければ言ってみるもんだ!とすげー実感しました。こんな時でも本当だな!と思った。(笑)

相談前はいつ辞めるかどうやって話すか何時間も悩みました。みんなに呆れられたり嫌われたりすることも想像しました。お昼にひとりでデニーズでハンバーグ食べながらそんなことばかり考えていました。笑

仕事辞めたくなった3

でも上司に話した後は、彼がさくさくと段取りを決めてくれました。辞めるまでは猛スピードで時間が流れていき変に悩む時間もなく、あっという間に最終日がきました!伝えて良かった!

仕事辞めたくなった2

これは自己都合の退社の時だけでなく、ブラック企業でツラい…ときとかいじめ、パワハラ、セクハラでヤバいとき、全部早めにエラい人に言っちゃうべきだと思いました。なるべく自分と距離の近い、理解のある上司がおすすめです。

同僚は慰め合いになる可能性が高いので、まずは上司に話すのが良い。

仲の良い友達や同僚に相談すると、慰め合いや、引き止め合いになりがち。本当に環境を変えたいなら、立場の強い人に相談すると物事が動きやすいかも。

現場の空気を操作できる権限を握っている人・空気感のある人に相談するのが一番だと思います。

そんなこんなで私にとって2回目の辞職体験でしたがやっぱりHD(ハードディスク)の整理は最終日に間に合わずでした…てへ!タイムマシンさわるの、恐ろしいです~~~~~!

仕事辞めたくなった1

新しい環境で頑張ろう!と思っている方、きっとその決断は間違ってないですよ〜!応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です