Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

【沖縄旅行1泊2日】那覇市〜糸満間をサイクリング!半日で巡った観光スポットと道のりのまとめ。

f:id:manaty_design:20170606165850j:plain

1泊2日の沖縄旅行。初レンタサイクルでサイクリングしました!結論から言うと、沖縄の気持ちいい気候の中でサイクリング、すごく気持ちいいよ!

沖縄に到着するまでのVanillaairバニラエア体験記はこち

なぜ沖縄でサイクリングなのか。

沖縄をまるごと楽しもうと思ったら、車(免許)は必須アイテムです。公共交通機関としては、ゆいレールというモノレールが通っているんですが、那覇中心付近までしかカバーされていないのです。

しかし私は免許をもっておらず、妹もペーパードライバーなので車の運転は無理そう…。でも、でもでも!それでも沖縄を楽しみたいぞ

ということで今回は「自転車をレンタルしてサイクリングで沖縄南部をめぐる!」という初の沖縄自転車旅行を計画しました。

実際に那覇市内から糸満まで自転車で走った道のりのまとめ。

f:id:manaty_design:20150907091451p:plain

自転車で行ける範囲で、今まで行ったことのない「糸満市」に目的地を決めました。昼過ぎに空港に到着し、自転車で走ったのは往復4〜5時間程度でした。

普段運動をしていない私にとっては、かなりの運動量で、夜にはお尻と足がパンパンで、疲れてすぐに寝てしまいました。体力に合わせて無理のないコース選びをおすすめします。

沖縄で自転車をレンタルした方法のまとめ。

f:id:manaty_design:20150430103321j:image

私たちはネットで検索してみつけたレンタサイクル「しまづくりネット」さんで自転車を借りました。

http://shima.p-kit.com/

しまづくりネットさんは、国際通り駅から歩いて2〜3分。すぐ見つかってよかったです。自転車はマウンテンバイクか、ママチャリの好きな方を選べます。私たちは機能性を考えて、マウンテンバイクを選びました。

そのあとは、レンタル料金の支払いと一緒に保証金を預けたら手続きは完了です。(事故や破損がなかったので、自転車返却時に保証金は全額戻ってきました。)

「しまづくりネット」のおっちゃんはフレンドリーな人で、サイクリングの道のりを簡単に案内してくれるので、不安だったら聞いてみたらいいと思います。

ちなみに私はおっちゃんの知り合いの女性に似ていたらしく、「あんたのんちゃんに似ているよ!」とずっと訴えかけてきました。誰か知らんけど、とにかくおっちゃんはいい人でした。ありがとう、おっちゃん。

サイクリング出発前に、市内で調達をすませます。

長い道のりになりそうなので、まずは水分を買うためにコンビニに行きました。糸満方面は田舎でお店がぐんと減るので、市内にいる間に色々と調達しておくことがオススメです。

我慢できず買ってしまったブルーシールアイス(早い)を食べながら駐車場に戻ると、

f:id:manaty_design:20150501175704j:plain

妹がお手製カーナビならぬチャリナビ作ってました!

(綺麗にはがれるタイプのガムテープを使用し、返却時は綺麗に拭いてお返ししました。)

デザイナーの私よりクリエイティブかよ…。しかし圧倒的感謝…。こうしてGooglemap先生を味方につけていよいよ本格的に出発します。

 

風がとても気持ちいいです…!

 

気持ちいい…

 

つらい…

 

意外とつらいな自転車って!!!

私たちが通った那覇から糸満市までのコースは坂道が多く、自転車ビギナーには結構つらいコースでした。しかしあきらめず自転車をこぐこと約1時間…

糸満が見えてきます…!

f:id:manaty_design:20150501234617j:plain

もう着いたも同然!と思い、← 途中でひとやすみして、ご当地おやつをたべました。

f:id:manaty_design:20150502004606j:plain

アガラサーという下に葉っぱが入っている蒸しパンみたいな食べ物です。

具志堅商店 黒糖アガラサーの作り方 ゆきわセレクトショップ

正直薬草みたいな味がして、あんまり美味しくなかったです。でも、沖縄なので全然問題ないです。許せます。ありがとう。アガラサー。

糸満道の駅に到着!

そんな感じで、那覇から休み休みしながら2時間ほど自転車を漕いで、やっと糸満の道の駅「遊食来」に到着しました!苦しい道のりだったけど、すごい爽快感でした!

f:id:manaty_design:20150613194935j:plain

道の駅いとまんの物産センター「遊食来」(写真を撮り忘れたのでwikipediaさんより引用)

ネットの事前情報によると、糸満の名物は天ぷらだそう。中でも、「さかなの天ぷら」が有名とのことで、これを食べようと妹と相談していました。(アバウトな名前可愛い。)

なのに閉店時間ぎりぎりだったのでフードコートが閉まっていました。

うわああああああああああああああ天ぷらが食べたくていとまんに行ったのにショック!!

パッションフルーツ味のかき氷が超うまかった

しかし何も食べずに戻ってもむなしいだけなので、天ぷらでもなんでもない、併設されたアイスクリーム屋さんでかき氷を食べました。笑

そしたらなんともこれが感動レベルに美味しい品でした!

パッションフルーツ味のかき氷です。

f:id:manaty_design:20150504223137p:plain

上にのせるアイスクリームはBLUE SEAL。好きな味が選べます!

パッションフルーツの黒い種が口の中でぷちぷちはじけるのがたまらなくて、やみつきになりました!なんて言えばいいかな〜わたパチみたいな食感!

f:id:manaty_design:20150613202738p:plain

ぷっちぷっちぷっちぷっち〜〜〜₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

ということで、最終的に道の駅には満足できてよかったです!

予想よりも、閉館時間が早かったです…!行かれる方はチェックしてからをオススメします。

あとは、おゆまるくんで作ったようなピアスを妹と色違いで買いました。

f:id:manaty_design:20150504135911j:plain

のんびり、ローカルな沖縄感を楽しみたい方におすすめです。

糸満に行って思ったことは、まじで周りに何にもないです!人もあんまりいないです!それでも沖縄のローカルな雰囲気が好きな方であれば、糸満サイクリングはすごく楽しいと思います。ご検討ください。田舎でお店が閉まるのが早いので、できるだけ早い時間に到着できるよう予定を組むことをオススメします。

糸満を後にし、瀬長島に立ち寄り、那覇市内に戻ります。

さて、帰り道は途中にあった瀬長島を自転車で一周してきました。瀬長島那覇空港が近く、30分程度でぐるっと一周できてしまう小さな島です。

f:id:manaty_design:20160324004345j:plain

これまた本当になにもない、静かな島でした。

f:id:manaty_design:20160324004446j:plain

スポーツパークがあったけど、誰もいませんでした。

f:id:manaty_design:20170606165636j:plain

那覇空港に離着陸する飛行機や戦闘機がバンバン見れます。飛行機の絶好の撮影スポットでした。

もずく。チャンプルー。あおさのてんぷら・・・お腹ぺこぺこだと沖縄料理もよりおいしかったです!

そのまま那覇に帰宅しました!疲れ果てていたので、ふらふら歩いて国際通りの居酒屋さんで美味しくご飯をいただきました。

f:id:manaty_design:20160324004615j:plain自転車旅行は体力を使うので、ご飯の美味しさもひとしおでした!

前述した通り、体力がもうほぼなく、疲れすぎて速攻寝てしまったのが唯一の後悔です。せっかくの沖縄の夜に、もったいないことをした…と思いつつ、でも、ぐっすり眠れて気持ちよかったです。

2日目も自転車を使って、那覇市内を中心に海や買い物を楽しんだので、また記事を書こうと思います。

ちなみに、この旅行で泊まった綺麗な沖縄ゲストハウスはこちら。