Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

美術予備校で1浪して美大に進学したデザイナーの体験談

f:id:manaty_design:20150629040148p:plain

わたしは仲良くなった人に「どうして今の職業についたか」聞くのが大好きです。しつこすぎて嫌がられることもあるくらい好き笑。

特に同業者に出会うと、どうしてデザイナーになったかとか聞くの、もう、うきうき!私自身もよく聞かれるので、自分の人生を美大生のぐらいから振り返ってみました!

子供の頃から絵ばっかり描いて遊んでいました。

わたしは飛騨高山という超山奥の田舎で生まれました。母の美容院の裏スペースで、ひたすら絵を描いて遊んでいた記憶が残っています。「わくわくさん」を見ながら工作をしてみたり、ダンボールをくり抜いて自分に着せてみたり。ひとり遊びの手段として、いつも何かを作っている子供でした。

中学生の頃は、人生の中で一番真面目な職業に憧れていました。

中学生までは頑張らなくても勉強にもついていける、しっかり者キャラでした。(と自分では思っています。)「ちゃんとしたことを言ったり実行しないとダメなやつだ」という脅迫概念にとらわれていた、人生の中で、いちばん真面目な時期だったと思います。

 

高校入試の面接では「新聞記者になりたい」と言いました。真面目かよ!無理だよ!本当は雑誌の編集者になりたかったんですが、新聞記者って言った方がまじめっぽくていいな!という理由でした。笑

f:id:manaty_design:20150629033227p:plain

雑誌や漫画が好きでお小遣いはほぼそれらに当てていました。

るろうに剣心」や「漂流教室」、「天使なんかじゃない」、「ちびまる子ちゃん」あたりは全巻大切に本棚に並べていたなあ。

進学校で、即落ちこぼれ。美術に逃げようの巻!

東京に行きたい!それだけしか考えていなかった私。当時はそこそこ勉強できたので、あまり悩まず市内一の進学校を受験、合格。しかし、入学してすぐに勉強についていけなくなります。

 

国語や英語は問題ないのに、理数系科目がちんぷんかんぷん。何がわからないかも、わからない。だから、質問もできないし、追いつけない。テストは追試が当たり前。初めてノートに向かいながら泣きました。人生で初めての挫折です。勉強はもちろん学校が嫌いになっちゃいました⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾≡₍₍◞( •௰• )◟₎₎

 

それが原因で私は固く心を閉ざし、笑 仲良し以外とはほぼしゃべらない、暗黒の日々!を3年間送りました。今でこそ笑えるけど意外と深刻でした。病院連れてってもらったりしたもん。(∩`ω´)⊃))

 

あれ、美大なら数学勉強しなくても入れるよね?

って思った高2の夏。 バカちんな自分。学校も楽しくない。でも、東京には行きたい。自分が行ける大学ってどこやろー?って手当たり次第探して美術大学という大学があることを初めて知りました。

 

私は子供の頃から絵が好きだし、国語と英語は得意。だったら、もう合格でしょ!そんな考えから、気持ちが楽になり勉強に対する努力を一切辞めてしまいました…(´͈ ૢᐜ `͈) 

 

ひと安心して、ぷらぷらして過ごしていると、進路相談で美術大学の入試にはデッサンがあるよ。今からじゃ遅いかもねえ〜」という恐ろしいアドバイス?を先生からいただきました。ここで私、美大にはちゃんとした絵の試験があることを初めて知りました。すぐに目の前がまっくらに(╭☞•́⍛•̀)╭☞

よくわからないけど、手遅れになる!急いで美術予備校に通うことに決めました。

 

初めての美術予備校夏期講習に。

名古屋の河合塾美術予備校に行きました!

地元から通える予備校は県内になく、2週間のホテル暮らしで夏期講習を受講することに。今思うと、めっちゃお金のかかる習い事でした。親に感謝です。

 

いよいよ初めての名古屋の地、初めての、予備校。ドキドキしながら教室に入ると今まで見たことないオシャレな男女がわんさか!怖いよおおお!( :3) ×)〆 ~~~

 

f:id:manaty_design:20150629040148p:plain

 

17歳にして初めての大きなカルチャーショックを受けました。まず教室の中で帽子をかぶってる人を見るのが初めてで驚いた。帽子が日よけじゃなくておしゃれアイテムだと初めて知った、17の夏。甘酸っぱい思い出です。。

 

デッサンなんか、したことがなかったので、絵はすっごく下手くそでした。でもそれ以上に、今までと違う世界や人間の中に入ったことに、ワクワクして興奮。一見チャラチャラしてみえるクラスメイト達は、すごく真剣に絵に向き合っていました。勉強も遊びも絵の次!!という彼らの姿勢を見てかっこいいなあ!すごいなあ!と感動していました。(まだ他人事のような、覚悟のない私。笑)

 

こうして、初めてのホテル暮らしや、初めての学校以外の同世代の子らと仲良くなることも面白くて、美術の世界にハマっていきました。そしてどんどん、地元での日常を退屈に感じてしまうようになり、短期講習を楽しみに大嫌いな高校に頑張って通うようになりました。

 

一旦、区切ります。続きは、こちら。