デザイナー「Manaty」のご紹介はこちら〜!

美術予備校で1浪して美大に進学したデザイナーの体験談

なぜわたしが美大に進もうと思ったのかをまとめたよ!

美術予備校に通うまで

わたしは仲良くなった人に「どうして今の職業についたか」よく聞く。しつこすぎて嫌がられることもあるくらいよく聞く。

特に同業者(デザイナー)にはウキウキで聞く。そうなると、必ず私の話も聞いていただけるのだが、案外自分の話はうまくできないと思い、自分がなぜ美大に進んだのかをまとめることにした。

子供の頃から絵ばっかり描いて遊んでいました。

わたしは飛騨高山という岐阜の超山奥出身だ。

子供の頃は、母がやっている美容院の裏で、ひたすら絵を描いて遊んでいた。「わくわくさん」を見ながら工作をしてみたり、ダンボールをくり抜いて自分に着せてみたり。

ひとり遊びの手段として、いつも何かを作っている子供だった。

新聞記者になりたいと言っていた中学生。

美術予備校体験談1

中学生までは頑張らなくても勉強についていけたので、しっかり者キャラだった。(と思う。)「ちゃんとしたことを言ったり実行しないとダメなやつだ」という長女的な発想で自分の行動をいちいち気にしていた。人生で一番まじめな時期だった。

はっきりとやりたいことが何かわからなかったこともあり、とりあえず進学校を受験することにした。面接では「新聞記者になりたい」と言ったけど、今思うと、まじめかよ!無理だわ!とはっきり言ってあげたいと思う。

本心では、CUTIEやZIPPERというファッション誌を夢中で買っており、雑誌の編集者になりたかったが、新聞記者の方がまじめっぽく聞こえるからウケがいいだろうという理由だった。笑

雑誌や漫画が大好きで、「るろうに剣心」や「漂流教室」「天使なんかじゃない」「ちびまる子ちゃん」は全巻大事に購入して本棚に並べていた。

お小遣いはほぼ雑誌に消えていた。

進学校で、理数科目につまづき、やさぐれる。

何をしたいかは決まっていないけど、東京に出たい!ということだけ決めていた。中学生の頃、そこそこテストで点数が取れていたので、悩まずに市内の進学校を受験し、無事合格。しかし、入学してすぐに勉強(特に理数系)についていけなくなった。

私の場合、とても極端で、国語や英語は勉強しなくても点数がとれるのに、理科や数学がちんぷんかんぷんだった。

わからないことがわからないから、質問もできないし、追いつけない。テストは追試が当たり前。人生で初めて勉強が嫌で泣いた。

高校生の勉強で泣くなんて、かわいいなと今なら思うけど、それは16才の自分にとって人生で初めての挫折だった。そこで私は勉強はもちろん学校が嫌いになってしまった。

そこから私は中学までの明るい(と思う)性格から180度変わり、仲良しと部活の仲間以外とはほぼしゃべらない、暗黒の日々を3年間送ることになった。

今でこそ笑えるけど、当時は意外と深刻に捉えていて、親に病院に連れてっていってもらったりした。(∩`ω´)⊃))

東京の大学は行きたいけど、勉強はしたくない。美大に行けば叶えられる!

高校2年生になると、進路相談やオープンキャンパスといったイベントも増えていく。相変わらず私はおバカな学力で、高校も楽しめずにいた。

でも東京には行きたい。自分が行ける大学や専門学校を色々と探している中「美術大学」という大学があることを初めて知った。

安易な私は、「子供の頃から絵を描いてるし、国語と英語は得意。だったらもう合格だな…」と気が楽になり、この時点で苦手科目に対する努力を一切辞めた。

さあ夏休みダラダラしようと怠けていたところ、担任の先生と進路相談する機会があり、そこで「美術大学の入試にはデッサンがあるから今からじゃ遅いかもねえ。」という恐ろしいアドバイス?をもらうことになる。

ここで初めて美大にちゃんとした絵の試験があることを知った。

よくわからないけど、なんか手遅れになる!!と焦りを感じ、母親を説得して美術予備校の夏期講習に通うことに決めた。

高校2年生で、初めて美術予備校の夏期講習に参加した!

無事母親の説得も終わり、夏休みに名古屋の河合塾美術予備校というところに通うことにした。

地元から通える予備校は県内になく、2週間名古屋のホテルに長期滞在し、夏期講習を受講することにした。

それまで私が大学に行くこと自体無いと思っていた親からしたら、ありえない出費だったと思うので、本当に感謝したい。美大受験は、お金がかかる。これは本当だ。

私はというと、初めて実家を離れて2週間のホテル暮らし。自分にとって大都会の名古屋。初めての、予備校でとにかくワクワクしっぱなしだった。

夏期講習初日、ドキドキしながら教室に入ると、そこには今まで見たことないオシャレな男女がわんさかいた。誰も話しかけられる人がいない私はただただ怖かった。笑

美術予備校体験談2

まず教室の中で帽子をかぶってる人を見るのが初めてで驚いた。帽子が日よけじゃなくておしゃれアイテムだと初めて知った17才の青春サマーである。

肝心なデッサンは、今まで一度も描いたことがなかったので、当たり前にど下手くそだった。でも今までと違う世界や人間の中に入ったことに、ワクワクして興奮しとても楽しかった。

一見チャラチャラしてみえるクラスメイトは、皆とても真剣に絵に向き合っていた。勉強も遊びも二の次で、とにかく絵が上手く描けるようになることに一生懸命な彼らの姿勢を見てかっこいいなあ。すごいなあ。と毎日感動していた。

まだ他人事のように覚悟がなかった。

こうして、初めてのホテル暮らしや、学校以外の都会の同世代の子と仲良くなることが楽しくて、どんどん美術の世界にはまったように思う。
夏期講習が終わり、絵は一向にうまくならなかったものの、ますます地元での日常を退屈に感じてしまうようになった。
それからは、春休みや冬休みの短期講習を楽しみに、大嫌いな高校に頑張って通うようになり、地元の絵画教室にも通い始め、受験用の絵を描くようになっていった。

自分に合わない環境で悩んでいる人がいたら…

ちょっと余談だけど、私はそのあと社会人になっても、自分に合わない環境で何度か悩んだことがあるので、ちょっと書いとこうと思う。

私はぶっちゃけ勉強への逃げから美大への進学を決めた腰抜け野郎です。

でも、自分に合った環境を諦めずに探してそういう場所に自分を置いてあげることはとても大切だと思うので、手を抜かずに色々な場所に身を置くことをオススメしたい。

高校時代、本当に「この3年間私はなんのために生きているんだ…」と毎日悩んでいたけれど、絵を描くという楽しさを知り、勉強はそこそこに逃げつつ卒業できた。

今思うと、お金などの制約がなければ、美術科のある高校に転校しても良かったくらいだと思う。人は能力も性格も人それぞれだし、自分が努力して入った環境だからといって、自分に合っているとは限らないから、変えられるならどんどん変えたら良い。

環境を変えることができない人も、あまり自分を責めないでいいと思う。できないことはできないかもしれないけど、くよくよせず、(しちゃうのも、わかるが)それ以外でできることがいっぱいあることに目を向けたほうが楽しく過ごせるし何より楽だと思う。

それでは、次の記事へ続きます。

美術予備校で1浪して美大に進学したデザイナーの体験談その2

2 Comments

tamusan100

わたしも実技の勉強始めたのは高2からでした笑
つづき楽しみにしてます!

返信する
manaty_design

tamuさん
そうだったんですね!
tamuさんがなんで美大に行ったのかも
すっごい気になります!!笑
今度こっそり教えてくださいw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です