デザイナー「Manaty」のご紹介はこちら〜!

美術予備校で1浪して美大に進学したデザイナーの体験談その2

f:id:manaty_design:20150708020530p:plain

今回は、高校時の美大受験失敗から、地元を離れて予備校通い、その後無事に東京の私立美大に受かったまでをまとめています。

前回までのお話はこちら。

現役美大受験は大失敗。どこも受からなかった。

高校生活は、夏休みや春休み、名古屋でホテル暮らしをしながら、予備校通い。地元では週1回絵画教室に通う日々を過ごす。

私なりに、デッサンに時間を割いたものの、一向に上達しなかった。しかし私自身はそんなことお構いなし。都会の人や街にワクワク・・・楽しい、楽しい!

そんなこんなで受験を迎え、京都の私立美術大学、東京の私立美術大学2校、金沢の市立美術大学の計4校を受験したが

見事にすべての美術大学に落ちる。

f:id:manaty_design:20150708020528p:plain

正直手応えも一切なかった。

自分自身の上達を実感していなかったのだが、どうしても東京の私立の美大に行きたいという気持ちしかなく、滑り止めを一切受けていなかった。4年間いやいやその大学に通うことになることを妄想すると、我慢ならなかった。今思うと、妥協と計画性がない、若さゆえの考えからだったのだが、こっそり本命校だけ受験した私。そしてすべて不合格と判明した夜、両親と私は進路について闇の話し合い開催となる。

必殺泣き落とし発動でなんとか浪人期間へ突入

どうしても、東京の私立美大に行きたかった私は

「浪人して私立の美大を目指したいのゴニョゴニョ…」

と両親に伝える。すると人生で一度も私(娘)に怒ったことのないマジクソ温厚な父が

「ダメに決まってるやろ!」

と声を荒げたので、私は「ビクッ!!!」となった。

世の温厚なお父さんを狂わせる力が美大進学にはある。なぜなら学費がバカ高いからだ。

しかし、滑り止めを受けていない。これから受けれる大学も、ない…。

ニート…?

その後、3時間ほどのロング家族会議に入る。私の人生で一番長い親との話し合いだった。私も親も一歩もひかない。いつもは最終的に折れてくれる両親が、厳しく反対する姿勢を見て、これは…もうどうにもならないのかもしれない。と悟った私は、

「もういい!働く!」

と完全な捨て台詞を吐いて泣きわめいてふて寝した。ふて寝のふりはしたものの、自分の将来が不安で朝までふとんの中で泣いていた。翌朝は両親とろくに会話もせず、高校に行く。普通科しかない高校では、美大に行く同級生もおらず誰にも相談できなかったので、悲劇のヒロインモードに突入し、授業中も溢れる涙と格闘していた。(弱いw)珍しくげっそりして午後に入った頃に、母からメールがきた。

「お父さんもお母さんもわかったから。」(メール文面)

泣き落とし成功!美大浪人の許可がでる!♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

今となっては、親も笑い話としてご近所さんに話しているが、今となってはよく許してくれたなあと感謝しかない。なぜなら一人暮らしをしながら浪人をするとなると、ものすごくお金がかかるからだ。

f:id:manaty_design:20150708020530p:plain

公務員の父、美容師の母にとっては人生設計を狂わせる出来事だったと反省している。しかし、当時のわがままな自分グッジョブ!という思いもあるので、美大に行きたい一般的な収入の方は、計画的かつある程度わがままに美大進学するための(主に金銭的にどうやりくりするか)戦略を考えていただきたいと思う。

うちはお金こそなかったが、子供に甘い親なので、泣き落としが通用したと思うが、滑り止めも受けず、イチかバチかの勝負をするのは自分の人生が危なすぎて、今では誰にもオススメできない。

環境の善し悪し以上に自分の努力と覚悟次第だと(今は)思う。

合格倍率の高い美大に行っても、ハイパーメディアクリエイターになれるわけではない。私も残念ながらハイパーメディアクリエイターとして活動できてはいない。

客観的に振り返ると、自分のやってみたいこと、そして自分が思う存分やれる環境というものを冷静にリストアップしてみれば、東京の美大でなくても良かったし、後悔しない別の選択肢があったと思う。純粋に、視野が狭かったな。というところだ。

しかし、その後浪人してちゃんと志望校に受かったことは、自分の成功体験にもなったし、そんなに行きたかった大学なのに、怠けてもったいなかったな。と思うこともたくさんあった。自分の憧れの環境に身を置くより、自分にあった環境に身を置く大切さというのも振り返ることができたので、後悔はしていないし、むしろとてもいい経験ができたと思っている。次に活かしたい。

【総まとめ】無事、浪人生となり、もう1年絵の勉強ができるようになった。

ということで、完全無計画・泣き落としの無限発動と、暖かい親心によって、自分の納得する美大を受験するため、浪人生となることができた。

次は浪人中の出来事についてまとめてみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です