Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

美術予備校で1浪して美大に進学したデザイナーの体験談その2

f:id:manaty_design:20150708020530p:plain

今回は、高校時の美大受験失敗から、地元を離れて予備校通い、その後無事に東京の私立美大に受かったまでをまとめています。

前回までのお話はこちら。

美術予備校に通うも受験は大失敗

私の高校生活は、長期休みに名古屋でホテル暮らしをしながら、予備校通い。平日は地元で週1回絵画教室に通う日々でした。

それなりに絵を描くことに時間を割いたものの、デッサン能力は一向に上達しませんでした。でも、そんなことお構いなし。都会の人や街にワクワク・・・楽しい、楽しい!

そんなこんなで高校3年の冬受験を迎えました。京都の私立美術大学、東京の私立美術大学、金沢の市立美術大学の計4校を受験したのですが、

見事にすべての大学に落ちましたー!

f:id:manaty_design:20150708020528p:plain

手応え一切なかったしね・・・

そして実は滑り止めを一切受けていませんでした。今考えると、若さゆえ、妥協ができなかったゆえの選択でした。絶対受かる!とは思っていなかったのですが、滑り止めを受けてしまったら、しぶしぶ4年間そこに通うことになる・・・そんなのいやだ!こっそり本命校だけ受験した私。そして全ての結果が不合格と判明した夜、父と母と私で進路について闇の話し合い開催へ…。

必殺泣き落とし発動でなんとか浪人期間へ

どうしても、東京の私立美大に行きたかった私は

「浪人して私立の美大を目指したいのゴニョゴニョ…」

と父と母に相談してみました。すると温厚な性格の父が食い気味で 

「ダメに決まってるやろ!」

と一点張り。予想通り、当たり前の反応です。私の父は「喜怒哀楽」という感情で「怒」がスッポンと抜けているような人。18年間怒られた記憶がないくらい、静かな性格。(正式に言うと、父の大事な大事な髪の毛を引っ張りまくって遊んでたら、ガチで切れられた子供の頃の一件だけ。ほんとに。)

そう。世の温厚なお父さんを狂わせる力が美大進学にはあるんですよ…。なぜなら学費がバカ高いからな!!!

あんときゃほんとびっくりしたよ。これはヤバい…あの優しいお父さんがこんなに声を荒げるなんて。とまた目の前が真っ暗に。しかし、滑り止めなど受けてもないし、これから受けれる大学も、ない…。

3時間くらいぶっ続けで、ぎゃーぎゃー泣きわめいて話し合いに。それでも私も、親も一歩も引ない。これは…もうどうにもならない…。私に残された手段は逆ギレモードのみ。

「もういい!働く!」

と完全な捨て台詞を吐いてふて寝しました。でも、この晩はずーっと自分の将来がどうなるか不安で不安で一人部屋で泣いたのを今でもよく覚えています。翌日は親とろくに会話もせず、学校に。美大に行く同級生なんていないし、誰にも言えない…どうしよう…授業中も涙が溢れてきます(弱いw)そうしていると母からのメールが。

「お父さんもお母さんもわかったから。」とかそう言った内容でした…。

わあ!泣き落とし成功で、浪人してもOKという許可がなんとかもらえたーー♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡

とまあ、今では親も笑い話としておもしろおかしくご近所さんに話していますが、実際よく許してくれたなあと思います。だって一人暮らしで1年浪人の末、私立の美大に行くとはどれだけお金のかかることか…!

f:id:manaty_design:20150708020530p:plain

公務員の父にとっては予想外の人生設計になったことでしょう。父ごめんwということで

美大進学は、費用的に家族の人生設計を大きく狂わせることになるので慎重かつ大胆に計画してください。

うちはお金はなくても子供に甘い親なので、泣き落としが通用しましたが、そんなイチかバチかの勝負をするのは危ないからオススメできない…笑。

環境の善し悪しよりも自分の努力と覚悟次第。

倍率の高い美大に行ったからと言って、ハイパーメディアクリエイターになれるとは限らないです。私も残念ながらなれませんでした。

自分のやってみたいことと、自分が思う存分やれる環境はどんな条件か、考えてみたら、きっと浪人しなくてもいい方法はたくさんあります。これは大人になってから冷静に振り返って、あの頃の自分は視野が狭かったな〜。と感じていることなので、お伝えしとこうっと。

いろいろありましたが、とりあえず浪人生となり絵を勉強できるようになりました!

と、いうことで、わたしは完全未計画でしたが、暖かい親心と無計画な受験校設計により1年浪人させてもらうことができました。また、その後無事に東京の私立美大に合格しました!わ〜いいぇ〜い!