読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manaty Graphic Design

ベンチャーとフリーでデザインをしているマイペース女デザイナーです。非デザイナーさんともデザインの話をする世界をつくりたいんだ。

美大に進学したい予備校生は毎日なにしてんの?体験記

f:id:manaty_design:20150715015422p:plain

美術予備校に通う浪人生は1日何をしているの?

とにかく、ひたすら一日中絵を描きます。(どーん)これには最初私もびっくりしました。

高校のように始業時間と就業時間が決まっています。私がいた予備校では10時から17時とか、18時だったかなあ。夜からは、現役生が同じ教室で授業を受けるので、それまでは残って絵を描く場合もありました。

美術予備校のカリキュラムはどんな感じなの?

入学前にざっくりと自分でコースを選択します。主にファイン系(日本画や彫刻など)デザイン系。入学してから1ヶ月くらいは絵だけ描くのではなく、粘土作品を作ったり、水彩画を体験したり、グループワークをしました。その後、より細分化されたクラスを選びます。

わたしはデザインで食べて行きたかったので平面デザインクラスを選考しました。なんでグラフィックデザインやってるの?と今でも聞かれることも多いんですが、それ以外のクラスあまり考えておらず、そのまま美大のデザイン科に入り、そのままグラフィックデザインを仕事にしました。

今、美大受験を考えている方は、絵が好きなの!っていう気持ちだけじゃなくて、自分が何になりたいか、何が好きで得意か、少しだけ先の未来を考えておくと迷いが減っていいと思います!私、あんまり考えてなかったからなあ^^;

朝から晩までデッサン・色彩構成をひたすら描く日々を過ごします。

今振り返ってみても、人生で一番絵に向き合った1年でした。私が通った名古屋河合塾予備校は勉強の授業は一切なかったです。(これは、予備校によると思うけど)1年間毎日ひたすらこれの繰り返しです。

で、どんな1日を過ごしているの?

朝、その日描くモチーフが予告なくでーんと教室に準備してあります。

モチーフは石膏像だったり、テーブルに組みあわせられた静物だったり自分の手だったりします。描きなれているものだと嬉しく、苦手なものだと1日中嫌だな〜って気持ちでした。

 

f:id:manaty_design:20150715031601p:plain

石膏や静物など、大きなモチーフの場合はみんなで一つのモチーフを囲みます。朝は席をとるための、ちょっとした戦争でした。

みんな物静かにデスケルを当て、描きたいポイントが入るように、ゆらゆらと、そして着実に陣地を争奪しあいます。

ちなみに遅刻すると、ベストポジションをとった他の生徒が1mmも動かないからね…というオーラをにじませるので、肩身も陣地もせまくて辛い思いをします。朝が弱い私はよくそういう思いをしましたw

毎回大汗かいて死にそうになる講評会が待ちわびています!

授業の最後には毎回「講評会」なるものがあります。ずらっと全員の絵を並べ、先生が評価する時間です。この講評会で自分の作品が取り上げらたら、その日はもうYEAH!めっちゃホリディ気分!

「このブロッコリー生きてるねえ〜」なんて褒められたりして「いよっしゃあああああ」と叫びたい気分。でも、そんな気持ちを一切顔に出さずふむふむ・・・勉強になります。みたいにクールに聞くふりをするのが美大浪人生。(だと勝手に思っている)

逆にダメだしされると気分はベコベコベッコリだったりします。講評会の時間は毎回手に汗にぎる時間でした。

私は講評会で自分の下手くそな絵をオヒロメするくらいなら死んだほうがマシと思い「提出したふりをして実は隠し持ってるの術」を使いまくっていました。終盤では先生に「また?」と言われる始末。(ばれている…)

今思うと、お金払って授業受けてて、見せないってもったいないだろ!馬鹿かよ!と思うんですけど、その頃は絵が上手い・下手ですべてが決まるような世界だと感じていました。

下手な絵を見せるイコールさらし首の笑われもの。上達が遅かった私はいつもそんな脅迫概念と戦っていました。

めちゃくちゃ上達が遅くて自分自身にヒヤヒヤしました。

f:id:manaty_design:20150715031621p:plain

結局入試3ヶ月前まで全くデッサンが上達せず親や先生に大丈夫か心配されていました。ボサボサの自分の絵を見ながら毎日トイレでこっそり泣いてたし、講評会で取りあげられることもない日々を半年ぐらい繰り返しました。

それでもなんとか先生に面倒見てもらい、諦めずに描くことで秋頃からようやくコツをつかんだ実感を得ました。すっごくすっごく自分自身に焦らされましたがなんとか人並み描くことができるようになりました。

今振り返ると一番絵に向かい合った大事な時間です。

実は大学よりも予備校で絵について学んだことが多かったと今でも実感しています。今お仕事で役に立っている美術の基礎知識はすべて予備校で学んだことばかりです。例えば、

・鉛筆で色々な素材を描きわける方法

手前と奥を描きわける方法

鉄の素材に周りの風景が映りこむ様子

・ガラスの反射

・加法混色・減法混色

・明度・色相・彩度の関係

・パースを考える

これら予備校で体に染み付いた知識は、本当に美術の基礎の「き」ですがロゴを作るとか、写真を撮るとか、デザインするとか、すべてに役立っています。

美術予備校に行くなんてラッキーだぜ!

まあ、美大に落ちて予備校にいくことになっても凹まないでいーよー!って感じ。

たった一枚の絵のために、泣いたり笑ったり、すんごく真剣で楽しかった!デザイナーになってからも活きる知識も身につきます。デザイナーになって6年経つけど、めっちゃ役立ってます。あと、

・絵が描けなきゃ落ちる!っていうギリギリの精神状態(ハイ)が味わえる

・もっと上手くなりたいっていう向上心がむき出しになる

・今までの義務教育で教わらなかった美術に関する基礎知識を学べる

こんなの学べるの美術予備校ならではだと思うんですよね。楽しくやっちゃってください。

親っちも落胆せず、どーんと見守ってあげてほしいの。

子供っち同然に、親っちも「うあああ浪人したようちの子ったら…」と目の前真っ暗になるかもしれないんですけど(うちの親はそうでしたw)わが子は20年後まで社会で生きる知識を学びにいくのだ、と楽観的に思って送り出していただければ、元美大浪人生としてうれしい限りです。私みたいに意外と大丈夫です^^これ読んでちょっとでも心が軽くなってくれたら嬉しい。

デッサンって何の役にも立たないように見えて、すごいよ 

デッサン表現が理解できると世界を自分の手で描けます。鉛筆で表現できる征服感が味わえます。これは絵を描き続けた人でないと知らない、ヤバい快感だと思っています。

f:id:manaty_design:20150715015422p:plain

これは私が上達しだした頃のデッサンです。全く描けないスキル0からスタートして10か月。こんくらいは描けるようになりました。才能でもセンスでもなく(私は両方持っていると自分で感じたことが一度もない)だれでも訓練さえすれば描けちゃいます。勉強と一緒だね。

 

すっごい下手な時のデッサンも見つけたらのっけたいなー。面白いくらい下手くそなので比べてほしい。では、皆さん予備校生活楽しんでください。私は美大浪人生応援してますぜ!でわでわ〜‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

 

美大予備校生の記事はこちら