Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

【イラスト描いた】ワンピースのウェルカムボードを描きました。喜ばれるキャライラストの描き方をまとめてみたよ。

f:id:manaty_design:20151016152721p:plain

ワンピース(ONEPIECE)のウェルカムボードつくったよ!

ウェルカムボードのご依頼をいただきました。子供の頃から遊んでもらった親戚のお姉ちゃんの結婚式用です。喜んでもらえるよう彼女と旦那さんが好きなONEPIECEのキャラクターに囲まれたウェルカムボードを製作しました。

キャラクターイラスト、自己流のポイントご紹介。

原作に寄せない。自分のテイストに寄せる。

原作に忠実に描こうとしたら、意外と難しいです。なぜなら、広く知られているキャラって、微妙なタッチや、パーツの位置を忠実に再現しないと似なくなるから!似ない=絵全体のクオリティが上がらない=見てる人が盛り上がらない。怖いgkbr!!!

なので、そのキャラクターを模写するのではなく、自分のテイストをベースにしてキャラクターをそこに寄せる描き方をオススメします。

キャラクターの顔のパーツは正確につかむ

目が離れている。あごが長い。唇が厚い。目が小さい。などキャラクターの顔のパーツ配置は忠実に守ると似ます!
逆にパーツの位置を無視すると、全く似ないイラストになってしまいがちです。
この位置さえ忠実に守れば、自分テイストで描いても「あのキャラクターだ!」と見る人がわかってくれる絵が描けます。

くわえて顔以外のパーツの特徴も再現できる場合はしてみませう。

今回の絵でいうと、ナミは巨乳。サンジはタバコ。フランキーは他のキャラより肩幅を大きく。ルフィは伸びた手でハートを作って夫婦を囲むというように、そのキャラらしくなる特徴を取り入れました。

喜んでもらえてよかったなあ〜!

とっても喜んでもらえたみたいで良かったです。その後もイラストをいろいろご依頼頂いてます。

自分が得意なテイストで描いた絵を喜んでもらえると嬉しさ200倍ですね!キャライラストは決して難しくないです。ぜひ試してみてください。

f:id:manaty_design:20151016204101p:plain