Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

【おもしろビジネス書】「どっちでもいいよ〜」を多用する自称「協調性が高い」人におすすめ。「自分メディアはこう作る!」ちきりん

f:id:manaty_design:20151227222113j:plain

最近は「ちきりん」さんの本にハマってます。

とても面白かったのでご紹介。

f:id:manaty_design:20151227222113j:plain

ちきりんさんは自称「おちゃらけ社会派ブロガー」。

働き方、結婚、自殺みたいな社会的テーマを

ズバッと独自の視点で切り込む記事が

たびたび炎上して、どんどん読者が集まって、

結果、ブログが有名になっていったそうです。

多くの人を刺激する

「ズバッと言い切るちきりん視点」

彼女の自分メディアをつくっています。

この本もやっぱり、ちきりんさんの

ブログ記事の掲載部分がとてもおもしろかったです。

 

分析できるだけでなく思考できる人間になろう

・市場規模は前年比8割増となった

・市場規模は前年比8割増と、急激な伸びとなった

 

しかし、2番目の文章である、「市場規模は前年比8割増と、急激な伸びとなった」という文章は、誰もがこの結論に到達するわけではありません。人によって言うことが変わりえるのです。

もしこれが、急速な拡大を続ける中国やインドの市場で、大半のモノの売り上げが前年比300%〜800%で伸びていたら、たとえ分析結果が同じでも、思考の結果は「市場規模は前年比8割増と、比較的低い伸びにとどまった」となるでしょう。

 

 つまり、2番目の言葉を口にするためには、分析結果以外のことも「考えて」、自分で判断をする必要があります。これが「思考」です。

 

思考した文章はおもしろい!

たとえどんなに稚拙な考えであっても、どんなにぶっとんだ考えであっても、(誰がやっても同じになる)単なる分析結果なんかより、人によって異なる「誰かの考え」のほうが圧倒的におもしろいし、価値はまさにそこにあるのだということです。

 

どっちでもいい、はお仕事ではサイアク

最悪なのは、「Aの場合もあるが、Bの場合もある」とか言ってる本人が、「オレの意見は客観的だ」「自分は、『Aだ!』と言ってる人みたいに偏っていない」などと勘違いしていることです。コレ、本当にタチが悪い。それ、客観的なのではなくて、単に、「決断できない人間である」「選べない人間である」「自分の意見を持てない人間である」ってだけのことです。

 

わたし(若い人)も頑張るから、年上の人も頑張ってほしーの

若い人が一生懸命考えて、「こうすべきだと思います!」だって、消費者はこれを求めているからです!」と言ってきたとします。その案は稚拙かもしれないし、情報も未整理だし、不足しているかもしれない。それでも、「そういう消費者もいるだろうが、そうじゃない消費者もいるはずだ」みたいなことを言う上司になるのは、ほんとーにやめたほうがいいです。

 

思考するためには思考できる環境や人が必要

この本を読んで、

「思考すること」ってすごい大事だな。

とあらためて納得しました。

でも、実はこの思考力、

社会に出たら絶対に身に付くわけじゃない!?

 

「思考をぶつけあう」って、

めっちゃ大変な労力がかかるじゃないですか。

制作会社のイラスト制作部門にいた頃は、

毎日毎日イラストをひたすら描いていたんですけど、

ノルマもきつく、みんな大変そうだったので

改善方法や新しいチャレンジを提案したけれど

統括の営業さんには全然とりあってもらえなかった

(と感じています。実際はどうだったかわかんないけど。)

 

営業さんにとっての問題は

「安定した数字を出すこと」

私の問題は「現場の人間の負担が減るやり方の提案」

へたくそな私の提案では営業さんに響かなかったという

理由もあるけれど、

営業さんサイドも多かれ少なかれ

「考えなくていいから、とにかく描いてくれ〜」

という気持ちが多分にあったと思います。

(営業としては正しい考え方ですが、当時の私は

なんでわかってくれないの!大人なのに!

と悲しい気持ちでいっぱいだったんです。笑)

 

わたしはそんなに手も早くない方だったし

「本当にこのやり方がベストなの?」とか

「売れないならガワ変え(デザイン)じゃなくて

システムから見直したほうがいいんじゃないの?」とか

描くことだけじゃない「ナニコレ」を

考えてしまうタチで、

しくみを変えることをあまり重要視しない環境に

疑問がわいてしまい、ここでずっと働くのは

難しいな。と感じてしまいました。

一緒に働く人たちは大好きだったので、円満に退社し

フリーになりました。

 

 

そのあと色々なご縁があって

ベンチャー企業(アプリなどをつくっていました)

に入った時は、逆にデザイナーも

「どうやったら面白いアプリ」が作れるか

考えて欲しいと言われて、みんなでブレストしたり、

自分たちでサービスを作れないか試したりと

「思考すること」を求められてびっくりしました。

 

でも、自分にとってはその方がワクワクして、

「会社だからツマラナイってことじゃなくて

人とか考え方なんだなー」

って感じたので、またしばらく会社員をしています。

 

制作会社にまだ残っている同期もいます。

彼女たちはめっちゃ早いスピードで

ものすごいクオリティのイラストを作り上げるので

本当に尊敬しています。

残念ながらわたしにはその能力がないので、

そのぶん少しでも

「思考する仕事」を得意にしたい考えるようになりました。

そしてしばらくはそういう人とか環境に身を置きたいなって

思っています。

 

環境が人をつくる。

とはよく言うけれど、

あながち嘘じゃないなーと思って、

しばらくまたちきりんさんの本でも読みつつ、

なんでも考えてみようと思います。

 

どっちでもいーよーを多用する人

(実は私も日常でめっちゃ言います)

ぜひ読んでみては。

 

この本自体は、ブログの運営方法などについても

書いてあるのでブロガーさんにも参考になるかもしれない。

(実名とペンネーム、どちらで運営するか、とか、

書籍とブログの両立方法とか

ある程度のうれっこブロガーさんじゃないと

共感はあんまりできないかもですが。)

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記