Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

【デザインした】フリーランス初めての名刺は、自分の顔をテーマに製作しました

f:id:manaty_design:20160103170509p:plain

フリーランスになって初めての名刺デザインは、こんな感じでした。

f:id:manaty_design:20160103170509p:plain

f:id:manaty_design:20160103170514p:plain

フリーランスになって初めての名刺デザインは、こんな感じでした。

3年前、フリーランスデザイナーになり、初めてつくったものは「自分の名刺」でした。

「名刺はその人の顔を表す」という言葉があるらしいな。

日本における基本的な名刺サイズは、91mm × 55mm。めっちゃ小さい四角形です。

自分を売り込むにあたって、言いたいことはたくさんあると思いますが、いろいろ詰め込みすぎるとすぐにグチャグチャになっちゃいます。

私もその点に気をつけて、

「もらってくれた人が私のことを思い出しやすい名刺をつくろう」

という1点にコンセプトを絞り、自分のイニシャル「m」と「f」で唇を形どったロゴマークをつくりました。

帰って見返したときに、「くちのおっきな明るいデザイナーだったなー」と、印象的に思い出してもらえたらいいなと思いました。

モチーフの色と、好きな色からコンセプトカラーを決める。

唇とわかってもらうために、そのもの本来の色、そして自分が好きで良く使う朱色を選択しました。

親しみやすさを表すため、細部で遊んでみました。

f:id:manaty_design:20161001142741j:plain

唇はセクシーな印象になってしまいがちなモチーフです。でも私は別にセクシーキャラではないので(笑)裏面にロゴマークを利用したちょっとおまぬけな似顔絵と「nive to meet you」というゆるいメッセージを追加しました。

ちょっと外したアクセントを入れることで親しみやすさを感じてもらいたいという狙いがあります。

使ってみたら、コミュニケーションが生まれたいい名刺でした。

結果、めっちゃウケがいい名刺でした。

年齢や性別の違う人とも、

「これ、唇なんですか?」

「はい〜口が大きいって言われるのでつくっちゃいました」

と、名刺から会話が盛り上がったり、

「可愛いですね!」

「似てますね!」

と楽しんでいただけたりしてコミュニケーション能力の高い名刺でした。そこまで狙ってなかったので、びっくり。あっという間になくなりました。

実は思春期のころは大きい口と唇が嫌で嫌で大っ嫌いでして…

大学生になって、やっと受け入れることができた自分の顔の特徴だったりするので、ロゴマークにするにはすごく勇気がいりました。

でも、やっぱり顔はいちばん覚えてもらえやすいモチーフのひとつですね。

特に個人サービスや、活動をしてらっしゃる方にとっては効果的な見せ方だと思います!

いちばん伝えたいことは何か、考えてつくろう、依頼しよう〜!

個人の名刺はどれだけでも遊べます。お金をかければ面白い紙質や効果をいれることもできます。

でも、あれもこれも取り入れすぎると印象に残らず、大切な情報も伝わりづらくなっちゃうのが難しいところ!

ぜひ皆様には、素敵な名刺をつくっていただきたい!

結局、91mm×55mm程度の小さい小さい世界なんやで!

わたしも本当はもっともっと伝えたいことあるのよ〜。

でもすぐにごちゃごちゃしちゃうからセーブしてんのよ〜!

だからこそ、まずは一番伝えたいことが何か。を製作者と依頼者ではっきりさせることが、大切なデザインの作業だと思います。

WEBの時代ですが、名刺はまだまだ、面白い使い方ができるツールです。個人の名刺こそ、遊んでオリジナルカラーを出していきましょう。

海外の名刺デザインは面白いものも多く、個人の名刺デザインの参考になると思います。ぜひごらんください。

それでは٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸

 

名刺デザインに関するその他の記事