読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manaty Graphic Design

ベンチャーとフリーでデザインをしているマイペース女デザイナーです。非デザイナーさんともデザインの話をする世界をつくりたいんだ。

【デザイン製作】わたしのオリジナルロゴのつくりかたのお話

f:id:manaty_design:20160121011852j:plain

筆文字ロゴに「待った!」が出たので、別の案をつくりました。

f:id:manaty_design:20160121011852j:plain

さて、前回自分で書いた「筆文字ロゴデザイン」をお客様に提出したら、「別の案も見たい!」とご要望をいただきました。う〜ん。わかります。その気持ち。おそらく、仕上がったものがイメージよりもちょっと固い印象だったのかも。

筆文字は「フォーマルな印象」や「伝統的な印象」を演出するのが得意です。今回は、「まずはみんなで着れるTシャツにプリントできるロゴ」という目的が一番強いようでした。色々使いたいけど、その中でも優先度が高いのが「Tシャツ」であれば、ちょっとお堅いですね。聞くところ、メンバーさんはみんな20代と若いしね。うん。ちょっと渋いよね。と、いうことで

「その表現方法が、内容(対象)に合っているかどうか」

ということも、いいデザイン、わるいデザインの判断基準に入れるとよさげです。

 

例えば、日本っぽくしたいから、筆文字!硬筆!毛筆!と思っても、カジュアルなサービスを提供している会社やお店だと、良くない意味で、重く見えてしまうこともあるのです。

もしよくわからないな〜という場合は、最初にがっちり決めてしまわず、デザイナー、顧客さんなど自分とは別の立場の人と相談するのも良い方法だと思います。

正反対な印象の案をつくって比較しよう!

ご要望に応えて、もう1案作ってみましょう〜。(今回は、お友達からのゆるめなご依頼のため、比較的ゆるく、話し合いながら進めております。)

大切なのは

比較できる案を出すことです。

似たようなテイストのロゴを見せてしまうと、お客様も迷ってしまいます。きっと言葉になっていないお客様のイメージが、そこにはあるはず!(どーん)

ということで、筆文字ロゴとまったく印象の違うロゴをつくってみました。

f:id:manaty_design:20160121012048p:plain

こんな感じ〜。

お客さんの要望を反映した上で、比較できる案を出すことがベストです。ただ、今回は「あんまりイメージがないから好きにやって〜」とのことだったので、漢字を簡略化して、丸と線を使って記号のように表現してみました。「ハンコ」や「象形文字」のようなイメージですね。

 「どこまで崩すか」×「可読性」のバランス

図形を組み立てて文字を作るような場合は、このバランス感覚が大切になってきます。

崩せば崩すほど、形は独創的で面白くなりますが、

可読性はどんどん下がります。

「サービスのターゲット層」や「使用される条件」などロゴ以外の条件によって、求められるバランスは変わると思うので、デザイナーとお客さんで確認しあえるといいですね!

また、同じようにデザインされたロゴをもっと見たい様子だったので、もう1案提案しています。

f:id:manaty_design:20161021191046p:plain

こっちも、お気に入り。

ふぅ・・・真面目なことを書きすぎて、つかれた。笑

ロゴって奥が深いですよねー…。まだまだ勉強していこうとおもいます。

こちらが前回の記事です。筆文字ロゴこんな感じでつくったよ。という記事です。

 

経験豊富デザイナー(と勝手に心で呼んでいる)tamuさんが言及してくれました。うれちいのー。