Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

【富山観光】北陸新幹線で富山へ1泊2日!行ってよかった、食べてよかったモノのまとめ。

f:id:manaty_design:20161030225151j:plain

北陸新幹線を初体験!東京から富山へ1泊2日で旅行してきました。

回転寿司を食べて、ニューデザインスポットが楽しめる静かな良い街です!

まず、富山に行くなら寿司を食べなければ何をしにいく!と言っても良いです。絶対にお寿司食べてください…!

そして、もう一つのオススメは最近ぞくぞくと生まれたニューデザインスポットです。

隈研吾さんが設計した富山市ガラス美術館d&Depertment Toyamaといったおしゃれスポットもぜひ巡ってください。富山は人が少なくどこもゆっくり過ごせます。

東京〜富山まで、北陸新幹線の乗り方まとめ。

f:id:manaty_design:20161030204141j:plain

北陸新幹線には、東京駅からしか乗れませんでした!ご注意ください。

(普段品川駅ユーザーなので、勘違いしていたら乗り遅れていたと思います。)

料金は、片道12000円ほど。片道2時間で富山に到着しますので、だいたいそれくらいの費用と時間を見込んでください。今までよりも、ぐんと早く行けるようになりましたね。

新幹線開通にあたり、富山の駅ビルがとっても綺麗になっていました。そしてどのお店も美味しそうでしたよ。(お土産もご飯やさんも海鮮が多いですね。)

絶対食べて欲しい、富山駅ビル内の回転寿司「すし玉」。

もう、本当これだけのために富山に行ってもらっても、絶対後悔がないと思います…。死んじゃうくらい美味しかった!!!!

f:id:manaty_design:20161030203707j:plain

富山名産白えび。ぷりぷり。

f:id:manaty_design:20161030203629j:plain

中トロ。中だけど大並みにとろけました。

f:id:manaty_design:20161030203644j:plain

ガスエビ。変な名前だけど、ぷりぷりですごくウマイ!ボタンエビよりも低価格で同じくらいウマかったです。

朝11時開店の時点でもはや行列ができています。おおげさだな・・・と思っていたけど食べたらあまりのうまさに倒れそうでした。並ぶ人の気持ちもよくわかりました。こちらはぜひ、食べて欲しいお店です。

寿司を攻略したら、D&Depertmentで富山土産を選ぶと楽しい。

f:id:manaty_design:20161030203406j:plain

実は富山のお土産は可愛くてデザインに凝ったものが多いように感じました。そんなお土産が集結するD&Depertmentに行ってきました。

f:id:manaty_design:20161030203430j:plain

高齢者が多い。その土地の生活者に根付いていると言う意味で良いですね。

f:id:manaty_design:20161030203517j:plain

デザイナー女子には、大野屋の高岡ラムネをお土産に購入しました!これ、かわいい〜って女の子いうやつですよ。男の子チェックしてください。

f:id:manaty_design:20161030203544j:plain

立山のお酒のパッケージはずば抜けて可愛らしかったです。味も飲みやすくうちの父はヘビーユーザーだそう。やはり水が良い地域のお酒は美味しいんですね。

友達へのお土産を選んでいたはずが、魅力的な商品ばかりで、ついつい自分のためにも買いすぎてしまいました。富山土産を突き詰めるのも楽しいです。

富山市ガラス美術館で隈研吾さんによるすんごい建築とド派手なガラスを楽しむのも楽しい。

隈研吾さんは木材のモジュールを組み合わせたようなデザインで著名な建築家さんです。今回訪れた富山市ガラス美術館も隈さんによる建築です。ある意味ガラス作品より、とても綺麗なこの建築を見ておいた方が良い気がします。

f:id:manaty_design:20161030203833j:plain

では、中へ。どきどき。

f:id:manaty_design:20161030203856j:plain

っばーーーーーーん!!!すげ〜

f:id:manaty_design:20161030204050j:plain

エスカレーターから、下の階まで見えるの。

f:id:manaty_design:20161030203910j:plain

サインはガラス管で作られています。ガラスというコンセプトを大切にしていました。光が入り込んでとっても綺麗な建物でした。

展示は、期間限定の企画展と、常設展(両者ともガラスの展示)になります。ド派手な常設展は撮影可能でしたよ。こんな感じです。

f:id:manaty_design:20161030203942j:plain

ざくっっ!!!!!(FFとかにでてきそう)

f:id:manaty_design:20161030203954j:plain

キラキラ…(水族館みたい)

f:id:manaty_design:20161030223923j:plain

謎のガラスが集まった庭みたいな作品(でかくてびびる)

とにかくド派手・サイズが大きい。すごかった…。誰がこんなの作ったんだろうね。どうやって運んだんだろうね。などと話しながら見つけた作者の写真。

f:id:manaty_design:20161030204034j:plain

f:id:manaty_design:20161030224141j:plain

海賊…!

この海賊さんの作品を始め、ガラス作品というのは非常に抽象的なものが多く、

「絵画や工芸などいろいろな表現方法がある中で、お金にもなりにくく制約も多いガラスを生業にしようとするアーティストさんはやっぱりどこか良い意味で狂っていると思うし、どこかしら変人でないと向き合えないのでは。」

という話で持ちきりになりました。(すみません。賞賛しています。)アートは面白いなあ。

最後に、ファボーレ富山ならなんでも揃うから。

ファボーレ富山は大型ショッピングセンター。イオンみたいなものだと思ってください。こちらにTOHOシネマズが入っているので、私のイチオシ、「シン・ゴジラ」を見て、ぶらぶらし、帰宅しました。ちなみに2回目。

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 

総評。金沢より人が少なくてゆったりできる富山は穴場なのです。 

まるで日常のように楽しめる富山、皆さんもぜひ美味しいお寿司を食べに行ってみてください。それでは!長いこと読んでくださりありがとうございました。

 東京から一泊二日で充分満喫できました。みなさんも北陸新幹線ぜひトライしてみてください。

ことりっぷ 富山 高岡・五箇山 (旅行ガイド)

ことりっぷ 富山 高岡・五箇山 (旅行ガイド)