読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manaty Graphic Design

ベンチャーとフリーでデザインをしているマイペース女デザイナーです。非デザイナーさんともデザインの話をする世界をつくりたいんだ。

【富山観光】北陸新幹線で行く富山一泊二日の旅!寿司とデザインが楽しめる観光プラン

f:id:manaty_design:20161030225151j:plain

北陸新新幹線体験!東京から富山へ一泊二日旅行をしてきました。

「富山は北陸新幹線でかっとび2時間。新幹線代の元は寿司1食分で取り戻せる、美味しくて静かな街でした。」

f:id:manaty_design:20161030225151j:plain

寿司を食べれば大満足、寿司を食べなければ何をしにいく!と言っても良い!(笑)

そしてお寿司を楽しんだ後は、隈研吾さんが設計した富山市ガラス美術館d&Depertment Toyamaといったおしゃれスポットを巡ってきました。人が少なくてゆっくり見ることができました。

静かに美味しい海の幸と、人が少ないおしゃれスポットをゆったり楽しめる富山。そんな富山一泊二日旅行のお勧めスポットをまとめました。ぜひご覧ください。

東京から北陸新幹線で富山に行く基本メモ

f:id:manaty_design:20161030204141j:plain

東京駅からしか発車してません。

品川駅ユーザーはご注意です。止まりません。東京駅まで行ってね。

料金の目安です。

片道12000円ほど。富山までは2時間で到着します。

だいたいそれくらいの費用と時間を見込んでください。今までよりも、ぐんと早く行けるようになりましたね。

新幹線開通にあたり、駅ビルがとっても綺麗になっていました。そしてどのお店も美味しそう!(お土産もご飯やさんも海鮮が多いですね。)

おすすめスポットNo.1!新幹線代分の満足度。東京ならいくらするかわからないネタをリーズナブルに食べられる回転寿司「すし玉」

もう、本当これだけのために富山に行ってもらっても、絶対後悔がないと思います…。死んじゃうくらい美味しかった!!!!

f:id:manaty_design:20161030203707j:plain

富山名産白えび。ぷりぷり。

f:id:manaty_design:20161030203629j:plain

中トロ。中だけど大並みにとろけました。

f:id:manaty_design:20161030203644j:plain

ガスエビ。変な名前だけど、ぷりぷりですごくウマイ!ボタンエビよりも低価格で同じくらいウマイです。この名前だけメモっといてください。

富山駅ビル内にある回転寿司ですが、朝11時の時点でもはや行列ができています。おおげさだな・・・と思っていたけど食べたらあまりのうまさに倒れそうでした。並ぶ人の気持ちもよくわかりました。「すし玉」は富山市内にも各地にあります。ぜひ!おすすめです。

寿司を食べた後はD&Depertmentでおしゃれな富山土産を楽しむ。

f:id:manaty_design:20161030203406j:plain

実は富山のお土産は美味しいだけでなく、可愛くてデザインに凝ったものが多いんです。そんなお土産が集結するD&Depertmentに行ってきました。

f:id:manaty_design:20161030203430j:plain

高齢者が多くて新鮮な眺めであった。その土地の生活者に根付いていると言う意味で良いですね。

f:id:manaty_design:20161030203517j:plain

デザイナー女子には、大野屋の高岡ラムネをお土産に購入しました!これ、かわいい〜って女の子いうやつですよ。男の子チェックしてください。

f:id:manaty_design:20161030203544j:plain

立山のお酒のパッケージはずば抜けて可愛らしかったです。味も飲みやすくうちの父、ヘビーユーザー。やはり水が良いとお酒も美味しいんですね。

友達へのお土産を選んでいたはずが、魅力的な商品ばかりで、ついつい自分のためにも買いすぎてしまいました。富山土産を突き詰めるのも楽しいです。

寿司を食べた後はさらに、新国立競技場も設計した隈研吾さんの建築「富山市ガラス美術館」ですんごい建築とド派手なガラスを楽しむ。

建築家、隈研吾さんは木材のモジュールを組み合わせたようなデザインで著名。このガラスの美術館も内部構造が綺麗で驚きました。ある意味ガラス作品より感動しましたよ。

f:id:manaty_design:20161030203833j:plain

では、中へ。どきどき。

f:id:manaty_design:20161030203856j:plain

っばーーーーーーん!!!すげ〜

f:id:manaty_design:20161030204050j:plain

エスカレーターから、下の階まで見えるの。

f:id:manaty_design:20161030203910j:plain

サインはガラス管で作られています。ガラスというコンセプトを大切にしていました。光が入り込んでとっても綺麗な建物でした。

展示は、期間限定の企画展と、常設展(両者ともガラスの展示)になります。ド派手な常設展は撮影可能でしたよ。こんな感じです。

f:id:manaty_design:20161030203942j:plain

ざくっっ!!!!!(FFとかにでてきそう)

f:id:manaty_design:20161030203954j:plain

キラキラ…(水族館みたい)

f:id:manaty_design:20161030223923j:plain

謎のガラスが集まった庭みたいな作品(でかくてびびる)

とにかくド派手・サイズが大きい。すごかった…。誰がこんなの作ったんだろうね。どうやって運んだんだろうね。などと話しながら見つけた作者の写真。

f:id:manaty_design:20161030204034j:plain

f:id:manaty_design:20161030224141j:plain

海賊…!

この海賊さんの作品を始め、ガラス作品というのは非常に抽象的なものが多く、

「絵画や工芸などいろいろな表現方法がある中で、お金にもなりにくく制約も多いガラスを生業にしようとするアーティストさんはやっぱりどこか良い意味で狂っていると思うし、どこかしら変人でないと向き合えないのでは。」

という話で持ちきりになりました。(すみません。賞賛しています。)アートは面白いなあ。

あとは普通にファボーレ富山という大型ショッピングセンターで「シン・ゴジラ」を見て帰宅しました。(笑)

 

まるで日常のように楽しめる富山、皆さんもぜひ美味しいお寿司を食べに行ってみてください。それでは!長いこと読んでくださりありがとうございました。

 

おしゃれカフェもたくさん出現しはじめた富山。東京から一泊二日で充分満喫できました。みなさんも北陸新幹線ぜひトライしてみてください。

ことりっぷ 富山 高岡・五箇山 (旅行ガイド)

ことりっぷ 富山 高岡・五箇山 (旅行ガイド)