Manaty Graphic Design

どーせいつか死んじゃうから、生きてるうちにデザインしたものとか悔しかったことととか楽しいこととか残しとくんだよ〜。

【与論島3泊4日旅行】与論島へのアクセス・実際に行ったおすすめスポットを紹介!〜準備編〜

f:id:manaty_design:20170614010328j:plain

内緒にしておきたいくらい、きれいで、雑音がなくて、ゆったりとした島、与論島に3泊4日の旅行をしてきました!実はそんなに期待せず行った与論島ですが、あまりの綺麗さに大ファンになりました。わたしが撮影した写真でお伝えしていくぞ〜。

与論島は、とても小さな島。信号もひとつしかないそうです。実際にいった感想としては、「こんなに綺麗な島が日本にあるのか!」というところです。特に海は綺麗で、音がなくて最高です。

今回の目的は、与論島に移住した友人を訪ねることで、島の方たちとお酒を飲んだりと、あたたかい時間を過ごせて大満足でした。

03 地球の歩き方JAPAN 島旅 与論島 沖永良部島 徳之島(奄美群島2) (地球の歩き方 島旅)

03 地球の歩き方JAPAN 島旅 与論島 沖永良部島 徳之島(奄美群島2) (地球の歩き方 島旅)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

※写真はすべて自分で撮影したものです。

与論島3泊4日旅行の基本情報はこちら

期間

3泊4日

旅行先

与論島。実は沖縄ではなく、鹿児島最南端の島でした!

人数

4人

それでは、ひとまず、本当に綺麗な与論島をご覧ください。f:id:manaty_design:20170527033545j:plain

宿泊したホテル「プリシアリゾートヨロン」のプライベートビーチです。想像以上に海も、空もきれいで、ずーっといたいと思いました。

f:id:manaty_design:20170527035735j:plain

与論空港はとっても小さな空港です。とても小さな飛行機でこちらに到着しました。鹿児島と沖縄をつなぐ空港です。

f:id:manaty_design:20170527041550j:plain

宿泊したホテル「プリシアリゾートヨロン」は、どこもかしこも撮影スポットでした…!しゅごいこの青と白の綺麗さ。

f:id:manaty_design:20170527040342j:plain

海岸に浮かぶ砂の小さな浜。百合ケ浜です。海岸からグラスボートに乗らないと、たどり着けません。とっても静かで波の音しか聞こえない海でした。みんな星の砂を探しています。

f:id:manaty_design:20170527041037j:plain

こちらもホテル「プリシアリゾートヨロン」のプライベートビーチのサンセットです。別にわざわざ綺麗なスポットをお出かけして撮ってるんじゃないんだよ!こんな風景が、ホテルのコテージを出たすぐそこにあるんだよ〜。しゅごい。

与論島、どこを切り取っても、きれい!!!!

は〜また見たいです。この景色・・・!

東京から与論島へのアクセスは

まずは東京羽田空港から沖縄那覇空港へ行きます。

与論島は東京から直通の飛行機は出ていないため、まず沖縄か鹿児島からアクセスすることになると思います。私は沖縄から与論島への直行便に乗り換えました。

ちなみに沖縄〜与論島への飛行機は日に数便しか出ていないので気をつけてください。

与論島への便数が少ないことや、乗り継ぎがあることから、合計すると、移動時間が思ったよりかかると思います。そういう意味で、余裕を持って3泊の計画にしました。

f:id:manaty_design:20170527030732j:plain

ちなみに那覇空港で乗り換えるなら、ソーキそばなど食べて時間をつぶすと良いです。すでにリゾート気分です。

f:id:manaty_design:20170527031127j:plain

与論島へはこの飛行機で行きます。すごくちっちゃいの!プロペラの振動でめっちゃ揺れて怖かったです。

f:id:manaty_design:20170527031626j:plain

約1時間ほどで、与論空港に到着です。!空港ちいせぇ…!これが空港か!?というくらいの小ささです。

f:id:manaty_design:20170527032133j:plain

なにこのよくわかんないスピリチュアルなポスター。空港に貼ってありました。かわいいです。

ちなみに与論島の気候はほぼ、沖縄と思って良いくらいの暑さ、日差しでした。

宿泊先は与論島唯一の大型コテージホテル「プリシアリゾートヨロン」に。

f:id:manaty_design:20170527050626j:plain

友人に車で迎えに来てもらい、まずはホテルにチェックインしました。与論島はすごく小さな島で、大型のホテルは私が泊まった「プリシアリゾートヨロン」だけです。(のはず)。小さな民宿は他にもあるようです。今回はホテルでしたが、民宿に泊まるのもいいよね〜…。次回は挑戦したい!

f:id:manaty_design:20170527052122j:plainプリシアリゾートヨロンにはプライベートビーチやプール、バーベキュー施設などが併設してあります。ホテルでゆっくりするだけでも楽しめました。

f:id:manaty_design:20170527052313j:plainこの真っ白なコテージに泊まります。プライベートビーチは朝日や夕日がとっても綺麗で、この朝が大の苦手なわたしが、毎日早起きをして写真を撮りに行ったんですよ!!!

f:id:manaty_design:20170527051603j:plain

コテージは真っ白。三角屋根が、可愛いです。広々としていて、きれいでした。

f:id:manaty_design:20170527051132j:plain

ゆるくそこら中にねこもいます。与論島らしいゆっくりした動きのぬこ。癒される〜。

なんとこのホテルは、NMB48の「僕らのユリイカ」のPV撮影地にもなったそうです。

確かに、真っ白の壁と、ブルーの床が日差しに照らされてものすごく爽やかに仕上がっています。

3泊4日与論島旅行のスケジュールはこんな感じでゆったり。

与論島はとても小さな島で、車があれば1日で島を一周できてしまいます。お店は少ないのですが海がとても綺麗なので、マリンスポーツなどを楽しんだり、ホテルで自転車を借りてサイクリングをしたりと、アクティブかつゆっくりした時間を過ごしました。

1日目

f:id:manaty_design:20170614004256j:plain

・到着し、ホテル内のプールやプライベートビーチでゆっくり遊びました。

f:id:manaty_design:20170614004026j:plain

・夜は友人の案内で地元の居酒屋でご飯。その後バーに移動し、とにかく回し飲みをする与論献奉の洗礼を受けました…。(この瓶をえんえんみんなで飲む。)

 

2日目

f:id:manaty_design:20170614004536j:plain

・ホテルでレンタサイクルし、島をサイクリング!

f:id:manaty_design:20170614004639j:plain

・名物「もずくそば」を食べたり、亀のくる海を眺める。

3日目

f:id:manaty_design:20170614004756j:plain

・船で干潮時だけ降りたてる百合が浜にいき、ゆったり海を楽しみました。

f:id:manaty_design:20170614004912j:plain

・かわいいかき氷屋さんで氷を食べました。写真を撮るのに苦戦していたら、みるみる暑さで氷がなくなっていきました…

f:id:manaty_design:20170614005052j:plain

・街の小さなカフェでアイスを食べました。

 

文字に起こすととっても地味なんですけど、(笑)

食べ物も、景色もとっても綺麗でどれもすごく楽しかったのです!!!真のリゾート!

3泊4日与論島の旅で私が体験したこと。アクティビティ&スポット紹介

次のエントリーでは、実際に私が与論島で体験したアクティビティや、スポット、食べ物などをまとめようと思います〜!