【デザインした】酪農家さんのロゴと名刺をデザインしました。制作過程まとめ

牧場のロゴデザイン

manaty

山を買って牧場を開くという夢を叶えたツワモノな友達のロゴと名刺をデザインしました!

幸山というすごい名前の彼は、山で奥さんと子供三人を育てている友達です。
いっつも「まなー!元気かー!」「まなー!応援しとるぞー!」と暑苦しく応援してくれます。

でも、そんな自分にない暑苦しさパワーが、うらやましいお友達でもあったりします!

そんな彼が、奥様と一緒に牧場活動を広げるため、地元の方に配る名刺と、ロゴを作って欲しいというご要望をいただきました。
牧場の名前は、彼の「幸山」というすごい名前から「幸せな山」という名前に決めたそうです。

実は最初「自給自足のできる牧場やから、食物連鎖をイメージするような動物や植物のイラストを描いて欲しいんや〜」というリクエストをもらっていました。

manaty

でも、話を聞いていると、やっぱりこのかっこいい理念を達成するにはすげー大変らしく、
火事が起きかけたとか、買ったばっかの鶏が全羽脱走したとか、すごいエピソードがわんさかある)
でもめげずに、山との戦いを楽しみながら、農業にまっすぐ向き合う彼の姿勢を伝えるには…?と妄想を膨らませて、4案出してみました!

提出したデザイン4案はこちら。

酪農家の名刺デザイン案4案

その後、奥さんとじっくり選んだ結果、A案のデザインを選んでくれました!

やってみて、言葉で伝えるおもしろさと、絵で表現するおもしろさは違うって思った。

酪農家の名刺完成案

自給自足の理念を伝えるには、C案がリクエスト通りだったんだけど、大きな「山」という言葉には、いろいろな意味がある気がして、4案提出しました。

manaty

そして実は「A案の山のアイデア好きだ・・・これ選んで欲しい・・・」と思っていたので、「選ばれろ〜選ばれろ〜・・・!」と念を込めていました…w

A案に決まった連絡をもらった瞬間「よっしゃああ〜〜」心の中でガッツポーズしたくらいですw

本当は、依頼を受けた時に「複数案あるよ(さらっ)」と言えたらスマートでかっこいいなーと思うんですけど、作りながら、「何案かあったほうがいいなー」とか、「この場合はストレートに1案でいいな!」とわかってくるタイプだなとわかってくるようになりました。

なので、1案でズバンと完成する場合もあれば3〜4案出すこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です