Manaty Graphic Design

TOKYOのIoTなベンチャーで働きながら、デザインを教えたり、デザインしたり、パラレルに生活しています。

サービスキャラクターの提案からデザイン完成までをまとめてみた。

f:id:manaty_design:20171123032417j:plain

デザインの仕事がしたくてしたくて枕を濡らした新卒イラストレーターのころ・・・(濡らしてないけど)しかし!その経験が生きて、たまにレアなご依頼を受けることがあるのだ!今回はサービスのキャラクターを作って欲しいというご依頼を受けました。ぷりぷりキューピッドちゃんです。

1.ヒアリングをさせていただく

今回は店舗を貸したいお客さんと、店舗を借りたいお客さんをマッチングさせる会社さんのイメージキャラクターを作って欲しいとのご依頼でした。サービスを連想させるキャクターにしたい!というのが強いご要望。ムムム・・・自由だ!難しいぞ!

2.めっちゃ手書きのラフでポイントをつかんでいく

f:id:manaty_design:20171123022627j:plain

まずはこんなラフをつくって投げてみる。最初は飲食店に絞って作ってたんだけど、ラフをお見せしたら「今後飲食店に限らず広げていきたいんです〜」というご意見をいただいた!あぶないあぶない〜!フライパンやコックさんなど、食べ物関連のモチーフが多かったので、それらを使わずに改めてもう一度提出!

f:id:manaty_design:20171123022910j:plain

 う〜〜〜ん。店舗ってなかなか、ムズカしいな〜。と思いつつ、追加でこんな感じのラフを出す。昔はこのレベルで手書きを出すのってどうなんだろう…と思ってたけど、これくらいのラフ時点では、自分の思っていることを遠慮せず文字や絵で書き込むので、そのまま見てもらって包み隠さず何を考えているか知ってもらえたらいいかなと。(と、勝手に思っている)でも、企業の人がこのレベルのラフを受け取ったらビビるよね。笑 昔はラフを清書して出してた時期もあるんだけど、なんかつまんなく綺麗にまとめようとする自分に気づいたので、今は稚拙と思われる恥ずかしさ忍んでこのまま出してる。

3.お気に入りの案を選んでもらう

イラスト系は、ラフで描いた微妙な手書き感をイラストレーターに起こすと、結構雰囲気が変わってしまうことがあるので、念のため複数案選んでいただいた。

実は、イラストレーターでラフをなぞってそのまま出すのって、ロゴにしろ、キャラにしろ、難しいことだと思っている。ちょっとしたニュアンスでがらりと雰囲気が変わってしまうのです。

イラストレーターで起こして「ちょっと違うな・・・」でやり直しとか、気に入ってもらえないのに進めるしかないってお互い嫌だよな〜〜〜ってところがありまして。

ちなみに、手書きでそのまま納品すれば、イメージ通りで良いんだけど、加工しづらいので基本イラストレーター形式で納品するのをデフォルトにしてる(どうなんだろ。クリエイターの皆様)

イラストレーターにわざわざ起こすメリットは、

「拡大・縮小が容易にできること」と「パーツを簡単に差し替えられること」

ですよ!

自分が運用まで携われない場合は、なるべくイラストレーターに起こして、自由に動かしてもらえる形式にしておく。手が離れた後に生きて欲しい願いキラキラ・・・!

4.パスに起こす(illustrator

f:id:manaty_design:20171123030054p:plain

選んでいただいた2案をパスで起こしてみる。ここは経験値が生きる領域だと思ってて、めっちゃいい感じに起こせた〜!!!!いえ〜〜〜い!って時もあれば、あーーーもう全然可愛くない!!!可愛くなけりゃ意味がないんだよ!!!だんだん!!!(何かを殴る音)パスめ〜〜〜!!!ってときもある。あと、ラフ通りに起こしても可愛くない時もある。ほんと経験値!

じゃあ今回はどうだったかというと…内緒♡ちょっと苦労しました。

あとは、線の種類や色も実は結構大事だと思っていて、この時点で何パターンかお見せする。

クライアントさん、最初はB案がお気に入りだったけど、「単体でも使いやすいA案にしたいです」とのご意見いただき、A案に決定!

いろいろひっくり返るのもこの時点が多いし、いろいろ決まってきてスルスル進むのもまたここ。詰まってきた感ある。

5.表情バリエーションをつけてあげる

さて・・・持ち前のファニーさと、ソシャゲーSNS時代のアバター描きとして培ってきた差分生成スキルがここで生きる!!!笑

ほんわかテイストなA案ですが、表情に幅を持たせれば持たせるほど、表情豊かで面白いキャラにできます。今回はすでにサービス内でファニーなイラストが多様されており、親しみやすさが良いなあ〜と思ったので、キャラの表情も大げさ・面白さ重視で5パターン製作しました。

f:id:manaty_design:20171123031616p:plain

ポーズはどうしても裸エプロンでぷりぷりお尻を強調したポーズを作りたかったので、3パターンご用意しました。

f:id:manaty_design:20171123031556p:plain

レイヤーの切り替えで、表情とポーズが簡単に変更できるデータ形式で納★品!

最後にいうのもなんだけど、キャラをつくったら、とにかくしつこく使ってください!

これまでに何件かキャラ物を依頼されてつくったことありますが、経験を通して言えるのは、キャラを活かして運用するって、ナイスアイデアに思えて結構難しい事だと思うのね・・・!

自分は自社サービスでしつこいくらいロゴキャラを使うんだけど、そうやって徹底しないと、意外と作って終わり!になっちゃうんです。

作る側・運用する側両方やって思うけど、ほんとしつこく何にでも使っていく覚悟が大事!根付いてしまえば、かなり強力なアイコンとして使えますので、ぜひがんばって育てて欲しいと思います。私も育てる側なので、しつこく使っていくぞ〜٩( 'ω' )و