デザイナー「Manaty」のご紹介はこちら〜!

【コンパクトカメラ】写ルンですと浅草に行ってきました!成功率50%な話。

まだまだ続く勝手に写ルンですブーム。今回は浅草に行ってきました!

浅草に写ルンですを持って行ってきた!

写ルンですチャレンジとは!

写ルンですチャレンジ

最近コンパクトフィルムカメラにはまっています。まずは手始めに写ルンですを持ち歩くことにしました。

手軽なのにいまいち掴みきれない時もある気まぐれなコンパクトカメラです。

曇りの浅草写ルンですチャレンジは勝率50%くらい。

写ルンですはフラッシュが使えない暗いシーンにとても弱い(と最近再認識している)のですが、この日の浅草は曇り&私が撮影した室内のシーンはだいたい薄ぼんやりか真っ暗のアガリでした。

結果は勝率50%!半分くらい暗い写真になってしまった悔しい〜〜〜。

浅草駅をでてすぐ!とても浅草らしい景色です。

ゲーセンは「あっこれ失敗するな…」って感じで結構薄暗かったのですが、レトロなゲーム画面がいい感じでついついシャッターを切ってしまって

結果やっぱりだめだったあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちょっと良さげな雰囲気に騙されるう〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MEMO
ゲーセンのように薄暗くて、周りの人がびっくりするフラッシュを炊けない環境ではくっきり撮影が難しいです。わかっちゃいるけどそれでもやってしまうのがこのミス!気をつけてください〜〜〜!

その後も写ルンですを持ち歩いてソラマチへ。

ソラマチのカフェももっと明るくて光が差し込んでたのに〜〜〜〜〜!やっぱノンフラッシュでは厳しい…。

MEMO
写ルンですの撮影距離は1m~無限遠です。いい感じのカフェでごはんを撮影するとテーブルとの距離的にピントを合わせるのが難しいので、だいたい失敗するよ!!!(食べ物の写真はまっくらでぼやぼやという自体を100億回繰り返している。)

こんな感じで、写ルンですチャレンジ第2回目は綺麗に写る勝率50%でした…!やはり薄暗い室内は難しい写ルンです。です。

もうちょっと勝率を上げていけるよう、今日も写ルンですを持ち歩きます〜!最後に失敗例〜。

寿司と写ルンですはマジ最悪に相性悪いよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です