デザイナー「Manaty」のご紹介はこちら〜!

【デザインした】予算や時間を考慮しながら、見せ場をつくることがポイント。結婚式のムービーアニメを制作したお話

アニメーションの鍵はメタモルフォーゼ

アニメーションの面白さを判断する一つの要因は、メタモルフォーゼ。メタモルフォーゼとはドイツ語で変容・変身・転生という意味。大学でアニメの先生が教えてくれた言葉です。(かわいいよねメタモルフォーゼ)

要は移り変わりをどう表現するかってこと。これによって、アニメーションは面白くもつまらなくもなります。

今回は写真→アニメ→写真という流れだったので、あんまりメタモルフォーゼしてないのですが、アニメ豆知識。メタモルフォーゼはアニメでしかできないこと(現実世界ではあんまりない)だから、注目してみると面白いです。

最後は実写になるように、写真を見ながらワンシーンずつ描いていきます。

今回は写真からアニメに変わり、写真に戻る構成で作りました。学校での集合写真だったら、一人一人友達が集まっていき、最後に写真に変わるようにシーンを描きました。

これを6シーンくらい描いたかな。写真素材が少なかったので、想像して描く部分が多く、大変でしたねー!

ストーリーを思い浮かべながら…

夜中鬼のように作業しました。(はぁはぁ)

でも、たくさんの幸せそうなシーンが描けてよかったっす。

アニメもまた、奥が深いデザインであった。

とにかく、アニメーションは仕事でやるとなると製作時間がかかります!

これは発注者も、ディレクションする人も、作る人も念頭において欲しい。制作も修正も普通にやったら静止画の倍時間がかかるので、うまいこと調整しましょう。

一番盛り上がるシーンはたくさん枚数を描いて山場を作るべきだし、逆に削る部分も必要です。要はメリハリっすね。アニメは特に、メリとハリ!

夜中ひいひい言ってはいましたが、楽しいお仕事でした!

メタモルフォーゼを習ったせんせい。

ちなみに私の提出したアニメは意味のないメタモルフォーゼが多くてわけがわからんみたいな講評をいただきました…笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です