Manaty Graphic Design

どーせいつか死んじゃうから、生きてるうちにデザインしたものとか悔しかったことととか楽しいこととか残しとくんだよ〜。

【4冊目】ベンチャー企業デザイナーの読書/ガールボスになりたい!/#GIRLBOSS

f:id:manaty_design:20180319022755p:plain

周りの言うこと聞くのは大事!でも自分のキモチがもっと大事!ということで女の子パワー全開の経営自伝を読んで超スキ!って思ったのでご紹介。

#GIRLBOSSは著者であるソフィア・アモルーソがヴィンテージファッションのEC販売で成功を収める話です。

f:id:manaty_design:20180317020117j:plain

 

ソフィアは万引きやゴミあさりをしていたギャルでした。彼女はアメリカのオークションサイト「ebay」において自身の好きなヴィンテージの洋服を販売。当初は一人で没頭していたこの商売がやがて大きくなり、ebayから独自ECサイトへの独立・投資を経て100億円企業へと成長します。

デザイナーとして超共感したのは、商品に対する見せ方へのこだわり。ebayというプラットフォームにおいて、誰よりも写真にこだわり、時には自身もモデルをすることで、「品物を売るんじゃない、スタイルを提供するのだ」と文中で語っています。細部に神は宿るみたいな言葉を思い出した。

ソフィアはこのビジネスを始める前はAmazonで高値で売れている本を盗み、オークションで売りさばいたり、ヒッチハイクをして危険な目にあったりと、超破天荒。しかし、ebayで自身のブランド「Nasty Gal」が軌道に乗り始めると、その破天荒な性格を生かして売り上げを拡大させていきます。

最近さ、大人になってきたからか、自分のダメなとことかで凹むの疲れたんだよね…。そんで昔は、そーゆーマイナスの穴をポコポコ埋める努力をしてたんだけど、埋まらない!!!笑

だからもー埋めないことにしたい。すごい人は自分よりすごいし、そして自分がすごいと思う人が周りにいてくれることが大事だなーと。

このブログも、「こーゆー記事なら読まれるかな…」とか「これだとおもしろくないな…」とか、ネットの知識が増えれば増えるほどぐるぐるしてしまって放置してたんだけど、#GIRLBOSS読んでやる気になったから再開させよーという。情熱とか勢い大事説。

f:id:manaty_design:20180303205013p:plain

ネットフリックスではシーズン1までドラマ化されている(打ち切りらしい…)全部見たけどとても良い。破天荒な女性は見ていて気持ちがいい。スキ。

どんなに情熱があっても、どんなに素晴らしくても、時代の流れとどうマッチするサービスを提供し続けるか。というのは、本人の意思とは別にすごく大事。特に「スキ」で始めたサービスは、時代の流れと少しでも逸れ始めるとがくんと落ちて行っちゃうんだろうな。でもそれがビジネス。それが経営!か??

余談ですが、この本にハマって持ち歩いていたら「ガールボスになりたいの?」って様々な人からツッコミうけました。笑 

自分の特性を生かした経営術と、サービスの見せ方へのこだわり、大変勉強になりました。女性にオススメです。

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

 

読んだ方、ぜひ @ddw_designer (twitter)で感想話しましょう〜@w@/ではでは