読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manaty Graphic Design

ベンチャーとフリーでデザインをしているマイペース女デザイナーです。非デザイナーさんともデザインの話をする世界をつくりたいんだ。

【おすすめビジネス書】男女はきっと全く別の生き物だから。「上野千鶴子のサバイバル語録」

f:id:manaty_design:20170323031850j:plain

ここ1、2年男性が多い環境に身を置く時間が増えたことで 男と女は全然違う生き物だなーって感じることが多く、(私は女側) 定期的に男女の差分について書かれた本を手にとるようになりました。

そんな中でずどんと衝撃を受けた一文がこれ。

結婚とは自分の体の性的使用権を、特定の唯一の異性に、生涯にわたって、排他的に譲渡する契約

こちらは、雑誌GINZAの岡村靖幸さんの対談コーナーで見つけた一文。

極論で、独特な視点に驚きました。でも、こういうサバってした考え方、私は結構好きです。

対談のお相手はジェンダー第一人者であるという上野千鶴子さんでした。

f:id:manaty_design:20170323031327j:plain

ファンキーな見た目と力強い主張が気になり、上野さんの名言をまとめた「上野千鶴子のサバイバル語録」。

男子も女子も性別を超えて納得できる(女性の方がぐっとくるかな)名言が並んでいます。

f:id:manaty_design:20170323031850j:plain

友情にはメンテナンスが必要

私は手ひまかけてメンテナンスして続けてきたものだけが、友情だと思ってる。

 

サヨナラを言うために書く

書くという行為は、いつでも、思想にかたちを与え、それにケリをつけるためにある。人はいわばサヨナラを言うために、 それについて書くのである。

 

勝ち癖をつける

私は激突型の闘いではなく、獲得できる目標を設定して勝ち癖をつけることが大事だと思っている。 

 

人間の本質は、負け戦の時に表れる

負け戦の時に人間の持っている質や信頼性が一番よく表れるんだよ。

 

仕事と夫と子どもを手に入れても 規格品の優等生の女たちは、がんばった分だけ、報酬があると思いこんでいる。

なぜならこれまで努力が報われなかったことはなかったからだ。(略)そして仕事のほかに、夫と子どもを手に入れた後で、こんなはずじゃなかった、と愕然とする。 職場も家庭も、変化した女の規格に合わない時代遅れの仕様のままだからだ。

 

女性を搾取するのは、いまや男性だけでない。

一部エリート女性たちのサクセスが、他の多くの女性大衆の死屍累々の上に築かれていない保証はない。女を搾取するノウハウもまた女がいちばんよく知っている。

 

人生は壮大なヒマつぶしである

人生とは、死ぬまでの壮大なヒマつぶし。どうせ同じヒマつぶしなら、豊かにつぶしたい。 

 

 

私は、ジェンダーや!とか、男女平等ー!みたいなそういう素晴らしい思想を持っているわけではありませぬ。

ただ、めちゃくちゃ周りに許容されて、好きに生きているだろうタイプの私でも、 女の子って実は社会では生きづらい生き物なんだーと感じる瞬間が、大人になると結構あるということ。

先に言っておくと、世の中がたまに騒ぐ、これは男の子のせいだ、、、!みたいな結論ではないです。

自分も含め、男性も女性も全員が 「女ってのは、こういうもんだ。」みたいな像をぼんやりもっていて、 そこをはみ出るような行動をしたり、一面を見せたりすると 男性からだけじゃなく、女性からも「女のくせに…」とヒンシュクを買ったりする場合があるらしいのです。

実は女性も、女性には厳しいのだ。

こういう系の小さな問題って、意識下にあるので、そもそも言葉にして共有するのが難しい。話しづらいことだから、たまにそこういう本を手に取るのです。

自分の中の嘘くさい理想像をまず壊したい。

生きづらい!って感情は誰かのせいにしがちだけど、 実は自分の中に存在している「嘘くさいあるべき像」が一番ヤバいという結論になりました。

「働く女はキッツいだろう」とか

「論理的に話せないだろう」とか

「家庭を支えるべき」とか

「女の子はバリバリ働く男の子のサポート役に回るべき」とか

「結婚してない女ヤバいだろう」とか

「結婚したらハッピーだろう」とか

「子供産まないとヤバいだろう」とか

「子供の幸せが私の幸せって女であるべきだろう」とか

あるあるコピーをかき集めて形づくられた、 「みんなが思うだろうあるべき像」が、私の中にも実はあるのです。

でも、自分や、自分の友人や家族と対話すると、未婚であろーが、主婦であろーが、シングルマザーであろーが、男の子であろーが、年齢も性別も超えて

それぞれの悩みがみんなちょっとずつバラバラなこと、私はちゃんと知っているのだ。

みんなの中の理想像が必ず同じじゃないことを、身をもってわかっているのだ。

だからまずは自分の中の「ステレオタイプな嘘くさい理想像」を壊したいぞ。

今回は男子にも女子にも共感しやすいかなという名言を抜き出したんだけど、職場や家庭で「女子の気持ち・・・わからん」ってもやもやしている男子にもぜひ読んでみたら!と思って。

女子のいる環境とか、考えてることを知ってもらえたら楽になるかなーと。

男女って実は考え方とか伝え方が全然違うことを色んな本を読んで感じてるので、分かり合う姿勢や対話が大事なのだと自分にも言い聞かせていたりします。

GINZAの対談は、こんな素敵な言葉で締めくくられていました。

教え子が結婚の報告にやってくるとこんな言葉で祝福するんです。 「自分の人生に巻き込んでも相手の人生に巻き込まれてもいいと思えるほどの相手と巡り会えるなんて、人生のうちで指折り数えるほどの稀少な出来事。そのくらい地迷える相手に出会ったことは幸せね」って。

うーん。素敵だ。