デザイナー「Manaty」のご紹介はこちら〜!

【Illustrator】デザイナーがペンツールをつかいこなすために練習した内容のまとめ。

実は私、美大生の頃はソフトが全く使えませんでした…orz

美大生はバリバリAdobeソフトが使えるんじゃないか!と思われがちですが、学生時代Macが苦手だった私は、課題すべてをバリバリアナログ製作しかできず。

そんな私が、社会人になってからペンツールできれいなラインやイラストをひくために練習したことをまとめてみました!

新卒でアバターやソーシャルゲームの絵を描く会社に就職しました。ペンツールが使えないなんて、ヤバい…という状況に。

就職活動の末、ソシャゲー製作会社に入ることになった私。

デザイナーと言うよりも、イラストレーターとしてアバターのイラストやアイテムをphotoshopやillustratorでゴリゴリ描くことになりました。

=ペンツールの使い方を練習しないと生きていけない状況に置かれました!

同僚は学生時代からバリバリPCで絵を描いてきたデジタルクリエイターばかり…!

そんな環境だったこともあり、やっと重い腰を上げてペンツールを駆使するため様々な練習をしました。

まずは自分の好きな写真を(簡単・一般的なもの)ペンツールを使ってトレースしてみました。

これが、人生で初めてのペンツールで描いたイチゴです。

ペンツール初心者さんは、まずは写真をなぞってみることをオススメします。いきなり下書きなしでペンツールでイラストを描くことは、プロでも難しいからです。

自分の好きな写真で良いですが、リアルに形や質感が思い浮かぶ身近なものの方がオススメです。

このイチゴの写真をトレースすることにしました。

当時ひいたペンツールの線を今見ると、

不要なアンカー(点)が多い。アンカーが多いとガクガクし綺麗なラインに見えません。なるべく少ない点で引くことがポイントです。

アンカーとは大きく角度が変わるポイントになります。アンカーが多いと線がガクガクして見えるので、アンカーの数は最小限で描くことが理想です。

このいちごの輪郭は、不要なアンカーが多いんですね。このアンカーが多い・少ない感覚は、最初はよくわからなくて難しいですが、慣れてくると自然に減らせるようになります。

最初はアンカーの数は考えず、どんどん描いてみて、慣れてから数を減らす工夫をすれば良いと思います。最初から完璧にやろうとするとペンツールのことが嫌いになってしまう場合があるので…。ゆっくりゆっくり。

写真のトレースに慣れたら、イラストを描いてみる。

いちごを描きながら果物描くの楽しい!と思うようになり(単純)次はいろんな果物を描いてみることに。

写真のトレースに慣れたら、イラストを描いてみると良いと思います。

イラストはデフォルメ力がいるからです!

よいイラストを描くには、大きく2つのポイントがあると思っています。

ひとつは、写真をみて実物にどんな特徴があるか掴むこと。

もうひとつは、ペンツールでその特徴を再現しながら描くこと。

形を思い浮かべてイラストを描く作業は、単純なトレースと少し違うペンツールの使い方を知れて、勉強になると思います。

実際に素材集サイトに登録したら売れたのでちょっと嬉しかった。

作ったらSNSで公開したり、販売して自分のやる気を高めるのもオススメです。

ルールが明確に決まっているものを描いてみる。

自分でイメージしたイラストが描けるようになったら、かなりペンツールに慣れてきた証拠だと思います。

そこで、次はソーシャルゲームで使うアイテムのデザインをすることに。動物園のシミュレーションゲームで使うアイテムをデザインしました。

ゲーム系のアイテムは色数、線の太さ、ライティングなど、決まったルール内で制作することになるので、もう一段階踏み込んだイラスト制作の力がつくと思います。

これらすべて、線の太さ、影色、角度のルールを決めてペンツールで描きました。また色のトーンも揃えると、より世界観が統一されると思います。

上級者編。慣れてきたらタッチの違う絵を描いてみる。

イラストレーターのパスは、手書きっぽい線に変更することもできるんです。これも楽しいです。

こうやって、ちょこっとずつ、できることを覚えていきました。使えると、本当に便利なペンツール。おすすめの機能です。

教える側になって、ペンツールの壁を再確認したのでまとめてみました!

デザインの学校でillustratorを教える時、ペンツールってどの生徒さんも最初かなり苦戦しており、あ〜自分も最初きらいだったな〜と思い出しました。

あと、素晴らしく絵が上手い方ほど、ペンツール使わない場合が多いのですが

すごくもったいないです〜〜!!

ベクターイラストは、修正も簡単、解像度を気にせず拡大縮小が可能なので、実はビジネスの現場で重宝されます。

アナログイラストなら、結構いい感じなんだけど…という方。

すでにイラストを描くスキルをお持ちの方は、ペンツールでデジタルイラストが描けると、さらにお仕事の幅がぐんと広がるのではないでしょうか。

わたしもイラストレーターじゃないけど、なんだかんだイラスト頼まれることめっちゃ多いです。

とにかくテキトーな私から言うと、これだけ覚えれば良いです。

クリックすると、角になる。

ドラッグすると、円になる。

囲むと図形になる。

Enterを押して切ると、線になる。

以上!笑

ハウツー系の文章を書ける気がしないので、私のことはあてにせず、以下のリンクを見てください。

【ペンツールを学びたい方におすすめの記事】

不安な方は、この記事がオススメです。超わかりやすい。

いや…不安でなくても、こっちの記事を見るべきだと思います。笑

【ペンツールを学びたい方におすすめの書籍】

あとは、この本は初心者にもわかりやすくオススメでした。教える時のために持ってる。

Illustratorでもっと楽しくイラスト (イラストブック)

Illustratorでもっと楽しくイラスト (イラストブック)

Manatyのツール系の記事はこちらもぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です